CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

水海道造形教室blog〜常総・つくば・つくばみらい・守谷・坂東エリアの絵画教室・工芸教室〜

守谷市、つくば市、つくばみらい市、坂東市からもアクセスのよい常総市水海道にて、水彩と油絵具 鉛筆 木炭 その他の画材を使っての楽しく豊かな絵画と 漆や金属の工芸材料を使って漆芸、彫金など日常に潤いをもたらす工芸作品をカルチャースクール的なスタンスで制作する、絵画教室、工芸教室です。東京芸大卒の講師が、石膏デッサンなどの本格的な技術についても指導しております。
<< 松本孝一さんのblog | main | 昨日は >>
ほんと暑いですねえ…
0
     暑くて、蒸してるなか記事を書いておりますが…

    八月は以前からお知らせしている通り
    人物月間にいたしますので
    なんともなモデルになるとは思いますが

    練習にはなります

    節電意識しながらクーラー使って、涼しい室内で描きましょう



    ちょっと道具のお話 
    大抵初めの油彩のセットの筆は
    豚毛の筆ばかりになります

    値段の安さや、厚く重ねるマチエールに向いてるからでしょうと
    思いますし使いやすいのですが、どうしても
    描写される方だと限界がでてきます
    細い線のハッチングとかできないです

    そういう描き方をしたいなーとなったら
    面相(筆の形)
    を何本かでも用意しておくととおすすめです
    セーブル、コリンスキーといった名前の毛の種類で
    出ているのが使いやすいです、
    どちらもイタチの(仲間?)の毛のことのようです

    ちょっと豚と比べると高価ですが
    これでないとなかなか出来ない事は多いと思いますし
    ナイロンなどを買うより全然ランニングコストは優れているとおもいますので
    (ナイロンは先が開いてしまったりします 歯ブラシみたいな感じ ものによるとは思うので断定はできませんけどね)
    揃えておいて損はしないかなと思います

    僕は、これとマングース毛のフィルバードタイプが使いやすく
    描写によく使っていました

    とはいえ、描く雰囲気に使いやすいかどうかそれぞれでしょうから
    いろいろな形や毛も試してみると発見があると思います
    (僕も使えてない種類、沢山あります)




    さて、横川さんのご自宅で描かれた油彩です
    こうやって持ってきていただくと
    教室で描いているだけでない新鮮さがあって
    僕たちも楽ませていただいております

    構図のことなど、いろいろお話しましたが
    しっかり描き込まれて
    魅力ある素敵な描写になっているなあ〜と
    思いました

    また、新作期待しております!
    | 教室日記 | 23:10 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









    http://nagataya-blog.nagataya.jp/trackback/84