CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

水海道造形教室blog〜常総・つくば・つくばみらい・守谷・坂東エリアの絵画教室・工芸教室〜

守谷市、つくば市、つくばみらい市、坂東市からもアクセスのよい常総市水海道にて、水彩と油絵具 鉛筆 木炭 その他の画材を使っての楽しく豊かな絵画と 漆や金属の工芸材料を使って漆芸、彫金など日常に潤いをもたらす工芸作品をカルチャースクール的なスタンスで制作する、絵画教室、工芸教室です。東京芸大卒の講師が、石膏デッサンなどの本格的な技術についても指導しております。
<< さらに磨きます。 | main | 茨城県、県西地域の油絵教室 水海道造形教室です >>
ペンダント完成!!
0
    こんばんは!
    水海道造形教室は守谷市、つくばみらい市、つくば市、坂東市からもアクセスのよい
    常総市水海道にてやっております。


    今週は台風が来るはずでしたが・・・
    もうじき制作中の作品が出来上がるというので、がんばって仕上げに入っております。
    水海道は、幸い浸水することもなく落ち着いて磨き作業ができました。


    さて。。。


    歯磨き粉のようなチューブがありますね。
    こちらは、金属磨きの仕上げに使う研磨剤です。



    1 中に入っているクリーム状の研磨剤を
    ウェス(ボロ布など→やわらかくて目が細かい方がよい)に含ませ
    作品表面を滑るように磨いていきます。



    2 作品が磨かれている証拠に、ウェスが黒くなっていきますので、
    そのまま黒い汚れが落ち着くまで磨き続けましょう。



    3 研磨剤を新たに追加せず、且つ、ウェスをきれいなものに変えて磨き続けます。

    ※磨きを続けると、作品表面に付着している余分な研磨剤が取り去られていき
    一見、研磨剤がなくなってしまったように見えてきますが、
    実は作品表面に、目に見えない研磨剤がわずかに残っていて、
    それが作品の最終磨きに効果を発揮します。



    4 一気に作品の表面が光り輝いてきます。




    磨き終えて、一息!!
    チェーンをつけてみましょう。





    自分で作ったペンダントです。
    やった〜完成!!オメデトウゴザイマス。




    次回は別な作業風景も実況するカモ!?





    お問い合わせは→こちらへどうぞ  

    現在、月曜日と水曜日の14時〜17時にやってますが、
    曜日・時間応相談で受け付けております。
    | 工芸 | 21:23 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









    http://nagataya-blog.nagataya.jp/trackback/33